掲載論文・テキスト

1) Subfascial endoscopic perforator surgery using screw-type ports is a very useful component of a comprehensive treatment program for chronic venous insufficiency.
Hitoshi Kusagawa, Shin Shomura, Takuya Komada, Yoshihiko Katayama, Naoki Haruta
Ann Vasc Dis 5(3): 357-363, 2012

2) 下腿静脈うっ滞性潰瘍の治療経験
草川 均、庄村 心、駒田拓也、片山芳彦
静脈学 24(3): 261-267, 2013

3) Subfascial endoscopic perforator surgery to posterolateral perforators in the prone position
Hitoshi Kusagawa, Shin Shomura, Takuya Komada, Yoshihiko Katayama, Naoki Haruta
Phlebology 29(9): 628-631, 2014

4) 当院における不全穿通枝に対する治療方針
草川 均、小津泰久、駒田拓也、片山芳彦
静脈学 25(3):297-305, 2014

5) 本当に捨て去られた術式でよいのか?-内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術
日本での新しい方法での挑戦の現状
草川 均、小津泰久、井上健太郎、駒田拓也、片山芳彦
広島たかの橋中央病院血管外科   春田直樹
脈管学 55(1):1-7, 2015

6) 静脈瘤血管内焼灼術の適応、方法、成績
草川 均
第10回 下肢静脈瘤血管内焼灼術研修会テキスト 33-40, 2015

7) UIP chapter meeting: Seoul UIP 2015に参加して
草川 均
静脈学 26(4): 303-305, 2015

8) 第3章:不全穿通枝の診断 1項:エコーⅢ-診断の世界標準と私の工夫
草川 均
内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術 (SEPS), 松本純夫、春田直樹編、
東京、2016, 東京法規出版、pp.82-85

9) 第4章:SEPSの術式―pitfallも含めて 4項:腹臥位でのSEPS
草川 均
内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術 (SEPS), 松本純夫、春田直樹編、
東京、2016, 東京法規出版、pp.148-151

10)  第5章:症例提示―3 大きなうっ滞性下腿潰瘍に対し、SEPSを含めた静脈処理に引き続き、V.A.C.療法、皮膚移植を行い、早期に治癒できた1例
草川 均
内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術 (SEPS), 松本純夫、春田直樹編、
東京、2016, 東京法規出版、pp.162-165

11) 第5章:症例提示―4 深部静脈病変に起因する下腿潰瘍に伴う不全穿通枝に対してSEPSが有効であった1例
草川 均
内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術 (SEPS), 松本純夫、春田直樹編、
東京、2016, 東京法規出版、pp.166-167

12) 第6章:付録 1項:SEPSの治療成績
島根大学皮膚科        新原寛之、河野邦江
神戸掖済会病院外科       篠崎幸司
松阪中央総合病院胸部外科    草川 均
内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術 (SEPS), 松本純夫、春田直樹編、
東京、2016, 東京法規出版、pp.194-199

13) 不全穿通枝に対する治療戦略
特集―レーザー普及後の下肢静脈瘤治療
草川 均、小津泰久、井上健太郎、駒田拓也、片山芳彦
形成外科 59(2): 149-156, 2016

14) 下腿部の穿通枝、もしくは伏在静脈本幹に逆流源を有する再発性下肢静脈瘤に対する手術症例の検討
草川 均、小津泰久、井上健太郎、駒田拓也、片山芳彦
静脈学 27(3): 259-265, 2016

15) 大腿部の筋膜下、もしくは伏在静脈本幹に逆流源を有する再発性下肢静脈瘤に対する手術症例の検討
草川 均、小津泰久、井上健太郎、駒田拓也、片山芳彦
静脈学 27(3): 323-330, 2016

16) Surgical methods and clinical results of subfascial endoscopic perforator surgery in Japan
Hitoshi Kusagawa, Naoki Haruta, Ryo Shinhara, Yuji Hoshino, Atsushi Tabuchi, Hiromitsu Sugawara, Koji Shinozaki, Kenji Matsuzaki, Hidetoshi Nagata, Hiroyuki Niihara, Kunie Kohno, Ryoji Takeda
Phlebology, 33(10); 678-686, 2018

17) 下肢慢性静脈不全症に対する内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術(SEPS)
春田直樹、新原 亮、草川 均
手術 特集 下肢静脈瘤の手術 72(5): 765-772, 2018

18) 非定型的な位置の不全穿通枝に起因する下肢静脈瘤手術症例の検討
草川 均
日本血管外科学会雑誌 27(6):461-466, 2018
(2018年 日本血管外科学会雑誌 優秀論文)

19) Ⅲ 局所的な逆流の処理ー不全穿通枝の処理
草川 均
あなたの外来で始める下肢静脈瘤治療, 細川亙監修、波多祐紀編、
東京、2019, 克誠堂出版、pp.116-126

20) 大伏在静脈ストリッピング5年後の臨床成績
草川 均、小津泰久、井上健太郎、駒田拓也、片山芳彦
静脈学 30(3): 259-265, 2019
(2019年 静脈学 優秀論文)

21) Surgery for varicose veins caused by atypical incompetent perforating veins
Hitoshi Kusagawa
Ann Vasc Dis 12(4): 443-448, 2019

22) 第Ⅵ章 2.一次性下肢静脈瘤の治療 A外科的治療 ②不全穿通枝に対する治療と成績 ⅰ直接結紮切離
草川 均
新臨床静脈学 日本静脈学会編、
東京、2019, メジカルビュー社、pp. 266-269

23) 第Ⅵ章 2.一次性下肢静脈瘤の治療 A外科的治療 ②不全穿通枝に対する治療と成績 ⅲ SEPS
春田直樹、草川 均
新臨床静脈学 日本静脈学会編、
東京、2019, メジカルビュー社、pp. 271-279

24) 第Ⅵ章 2.一次性下肢静脈瘤の治療 A外科的治療 ②不全穿通枝に対する治療と成績 ⅴ エコーガイド下硬化療法
草川 均
新臨床静脈学 日本静脈学会編、
東京、2019, メジカルビュー社、pp. 282-286

25) 第Ⅵ章 2.一次性下肢静脈瘤の治療 A外科的治療 4下肢静脈瘤の麻酔法と周術期管理  ⅲ クリニックでの日帰り手術 (TLAの補助的選択枝)
草川 均
新臨床静脈学 日本静脈学会編、
東京、2019, メジカルビュー社、pp. 307-309

26) Clinical results 5 years after great saphenous vein stripping.
Hitoshi Kusagawa, Yasuhisa Ozu, Kentaro Inoue, Takuya Komada, Yoshihiko Katayama
Ann Vasc Dis 14(2): 112-117, 2021